マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS オルセー美術館展に行ってきました。

<<   作成日時 : 2010/07/22 13:23   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ママがね、最近の六本木に行った事が無いと言う事も有って新国立美術館に
行ってきました(ママも昔は丸ノ内のOLだったんだけどねぇ〜)

遠いっす・・

画像


仕事や研修で何度か訪れる界隈なんだけどさ、休日に出掛けるって気には成らない距離だよね?
逆に横浜とか鎌倉には(六本木より遠いのに)行こうって気に成るから不思議ですなぁ〜

さて、オルセー美術館展
今回はポスト印象派と言う事で、印象派後期から印象派以降の代表作が並びました。

おおよそ予想はしていたけど、ママの総評は予想通りの「意外と(大概)下手糞」でした・・
写実的でないと言う事が言いたいんだろうけど、そりゃまぁ印象派って言う位ですから、その写実世界
からは一線を画した人達なんですけどね?

まぁ細かく説明するのも面倒くさいので「そうだね〜」と反応しておきました。

ゴッホの”星降る夜”を見れば「あれは貫一お宮だ」と面白がり
ヴュイヤールの”ベットにて”を見ては「ポニョにしか見えない」と笑い
ギュスタブ・モローの”オルフェウス”を鑑賞して「私と同じ外反母趾だ!」と嬉々として言ってました。

「ん〜そうだね〜」

さて、僕は小さい頃から「画家」に成るのが夢でした。

小学高学年の頃版画に目覚め、県展で特選を貰ってそのまま全国展(何展かは忘れたけど)へ出展

そこの審査委員長をしていた日本画の大家に認められ
「中学生になったら私の所で住み込みで絵を勉強しなさい。大学進学まで面倒を見る」という有りがたい
話も戴いたのですが、何せ田舎者なので都会が怖い・・?
と言いますかね〜正直なところ、東京には良い思い出が無かったのです(これでも結構波乱万丈の人生
だったりしますので)

結局「高校まで絵の勉強は続けます。その時でも物になると思えたらもう一度考えてみて下さい」みたいな話
で決着は着いたのですが、中学に上がり部活に入ろうと、美術部の部室を聞いた先輩が親切に「こっちだ」
と連れてきてくれた先が、その先輩が所属するバレー部でね・・

僕の人生はそこでコロリと変わった訳ですな

まぁ別に悔いはないのですが、それ以来いつか(老後の趣味でも良いので)ちゃんと絵を描きたいと言う
思いが有るのです。

その思いを誤魔化すかの様に始めたカメラ(写真)では有ったのだけど、今回「やっぱりやりたいのは絵だな」
と思いました。僕は写真ではなく絵が描きたいのだと再確認した訳です。

画像


多分、今何か描いても女房に大笑いされる位”下手”だとは思う。

でも、それでも良いんだよね〜静物や構造物を写真に撮っても表現の幅は狭い。
でも、絵画なら「下手〜上手」果ては「良く解らん」と言う域まで無限の広がりを見せるわけでね
表現の奥行きが全然違う様に思える訳です(まぁ良い写真を撮り続けたい欲求に変わりはないけどね)。

いつかね・・

そんなこんなで、個人的には実に楽しい1日でしたよ。

で、その間マロ君はと言うと、自宅でエアコンを独り占めして留守番しておりました。
そして思うわけです・・彼の夢や欲求とはいったい何なんだろう? とね。

画像


いつかね・・

みんなの夢が叶うと良いよね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
オルセー美術館展に行ってきました。 マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる