マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 川越祭り(のパラレルワールド)

<<   作成日時 : 2010/08/03 12:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

夏祭りと言えば、最初に七夕祭りを思い起こします。

とは言え、生まれ育った新潟(長岡)では七夕は新暦の行事だったので、こちらに上京してからの
イメージとして「七夕祭り」が定着していて、狭山、上福岡、小川町と言ったところが定番かな?

では、子供の頃の夏祭りはと言うと?
それはもう長岡の花火大会しかありません(そういえば昨日・今日と花火大会ですな〜)。

なので、川越の夏祭りには毎年少なからず”違和感”を覚えていたわけです。
春日の局が放送されていた頃は「武者行列」が一番の花形だったような・・?でも、実の所何が
祭りのテーマなんだろう?というのが違和感の正体です。
武者行列、祭囃子(ひっかわせのお囃子)、鉄砲隊に大道芸人・・百万灯祭りと言うけれど、通りに
下げられた提灯そのものにさほど華やかさは無いしね(なにしろ電球じゃぁね〜)

そして今年の夏祭り。
昨日も書いたとおり暑さで出遅れました。

もう武者行列なんてやっているはずもないし(やったかどうかも定かじゃないが)。
とりあえず出店でも覗いてお茶を濁すかなぁ〜てな感じで、札の辻から駅方向に向って行くと

小気味のいい太鼓の音が聞こえてきました。

画像


いいですねぇ〜祭りといえばやっぱり太鼓です。

人垣に分け入り覗いてみると、どうやら主役は子供たちのようです。
それにしても、威勢が良いのはどうも女子ばかりですなぁ〜もっと頑張ろうね!草食男子
(太鼓たたいているだけでもここの男の子も元気って事なんでしょうけどね)

夕方の祭りも悪くないなぁなんてしばし鑑賞の後に歩いていると、何やらラテンのリズムが・・
そうそう、やっぱり祭りと言えばサンバです・・かね?

画像


いやね、サンバ祭りと銘打って数百人規模のサンバ隊が踊り明かすなら解るんですよ。
でも総勢でこの人数ってのは、やはりちと拍子抜けかな?

画像


さて、小江戸の町並みに”ほぼ裸”は似合うでしょうか?

相変わらず雑多な祭りという印象をもって歩いていると、こんどは何やらエイトビートが?

画像


あれま、ロカビリーですよ!ツイストですよ!
大正浪漫通りでオールディーズです(いやっ否定はしませんけどね?祭りの意図が・・)

画像


それにしても、この年代は男子(親父)も元気ですね?

画像


元ヤンも祭りの出し物に成る時代かぁ〜と妙な感慨にふけって歩いていると、今度は打って変わって
ぐっと神秘的とも言える盆踊り行列に出くわしました。

画像


えっ?風の盆??

画像


でも何か違う

聞けば遠く秋田から踊りに来ているそうです(名前忘れちゃいました)

わずか2時間あまりの間に体感したワンダーランド(というかパラレルワールド)
千葉のネズミーランドとか行くよりある意味面白いかも知れませんよ?いやっマジで

でもなんだかとっても心身共にが疲れたのは何故だろう?


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川越祭り(のパラレルワールド) マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる