マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 自己流育児メソッドの続き

<<   作成日時 : 2011/07/21 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


残念ながら我が家(新居)のリビングは狭い。

LDKを畳数で表せば約18畳に成るので、数値上は今より広くなるが、如何せん細長い。

親の目が行き届く構造の広いリビングに学習用のカウンターデスクと収納を置くと言うのが
陰山メソッドの肝だったりするのだか、リビングにカウンターデスクを置くと機能性が削がれる
恐れが有ってね・・

一応備え付けのカウンターは付けて貰ったのだけれど、そこだとキッチンからは見えにくい
それに電話や無線LANルーターの置き場として必要なスペースだったりもするから、将来
子供の学習場所としては適さないだろう。

そうなると、キッチンの前にこしらえた「畳ダイニング」の堀座卓が勉強場所に成るのだろうが
四畳半に3×5尺の堀座卓を置いたので、昨日書いたように、どこでもライブラリの機能を
持たせる事は出来ない。

なので考えた。
自分の個室を開放してリビングとつなげてしまおうと

そして、そこに移動が簡単なカウンターデスクを置き、普段家族が気兼ねなく行き来がし易い
様に宅内Cafeの機能を持たせよう。

同時にライブラリ機能と孫の収納スペースも確保してやろうとも考えた。

これでいつでも勉強できるスペースが固定カウンター含め3箇所に成る。
リビングにテーブルを置けば計4箇所だ。

本当はリビングのどこか1面に簡易本棚を設置して、ライブラリにする事が陰山メソッドの
実践としては好ましいのだけれど、家族全員の住空間としての”快適性”は確保したいから
あまり詰め込みすぎても窮屈に成る。

伸び伸びと体を伸ばしてリラックス出来るスペースも育児のメソッドとしては、誰が考えても
必要な事だろう。

だから、自分の部屋には新たにローベットを置く事にした。
シングルサイズでも横幅が140cmも有るローサイズのベットを散々探してやっと見つけた
のだけれど、それがバナナリーフで出来ている物だったから、自分の部屋としてだけ考えたら
本当は北欧風の家具で纏めたかったのだけれど、少々アジアンテイストにせざるを得なそうだよ。

でもそれはそれでね、多角的に見れば自己満足出来る選択だから良いのだよ。
※マロンが自分で上って眠れるベットっていう理想も適うしね

そんなこんな、陰山メソッドを勉強しつつ色々と考えながらネットサーフィンしてたらね
ハンモックカフェって波に乗ったんだ・・

すぐに、昔ハワイで揺られたハンモックを思い出した。
美味しいステーキに甘いパパイヤ。
とっても豊かで楽しい良い思い出が蘇って来たよ。

「そうだ、俺の部屋にCafe機能を持たせるならハンモックCafeにしよう!」

美味しいコーヒーと紅茶を取り揃え、絵本を初めとした楽しい本を集めましょう。
クレヨンや色鉛筆から、水彩・油彩・娘が得意なクレイやママが好きなドールハウスが作れる
図画工作室の機能も持たせましょう。

ついでに、ゲーマーの部屋にも成りそうだけどね・・ここだけは育児には良くない部屋に成りそう
だけど、まぁ息子と遊べる環境ってのも必要だしねぇ〜

ほんと、やっと家作りが楽しく成ってきた。

そうそう、今日は娘(孫)の検診日だ
出産予定日。前倒しされないかなぁ〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
自己流育児メソッドの続き マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる