マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS まん丸と大股とオリーブの木

<<   作成日時 : 2011/09/06 12:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

この3点が最近”ふと”目に付いたり気になったりした事柄で有る。

画像


孫の出産や家の建て替えに伴う諸々で心身ともに疲労困憊する中、今年4度目の京都出張に出掛けたのが
8月26日、現地の役員は「泊まってかないの〜ご飯食べに行きたかったなぁ」等と誘ってくれたが、この日も
日帰りの強行軍だった(しっかり2時間は観光したけどねぇ)。

有数の観光エリア東山に有るのに観光客でごった返さない五楼閣というカフェは夢路の作品が並ぶ大将モダン
な造りが売りだ。

画像


ここで目に付いたのは、居並ぶ夢路の作品よりも空間を彩る”円”だった

画像


この空間。
木彫の質感の他にどこか懐かしい印象を与えるのは何故だろう?
と暫く考えてみて、思い出した。

この丸いペンダントライトが我が家の階段に有るものそっくりなんだ・・

※出張を終えて数日後、女房と話をしているとき「そう言えば現場監督が階段のライトとか捨てるのもったいない
  って言ってたよ」と聞いて即断した「あの階段のライトはLED球に変えて自室のライトに流用しよう」とね。

断捨離ともったいないの間に有って、躊躇無く”もったいない”に振れる針も有るって事だな。

さて、そんな新居には和室が無い。

有るのはいわゆる”畳コーナー”と言われる四畳半のダイニングを兼ねた一角のみ
出来る限りお洒落で落ち着いた一角にしたいと思い、西面のみ和テイストの壁紙を選ぶ事にしたのだが
これが中々いい色が無い。

特に拘らないよ〜とは嘯いてはいたが、実は前々から東山魁夷も描いた、京都の茶屋(料亭)一力(いちりき)
を彩る「べんがら色」が良いなぁと思っていたのだった。

画像


ダイニングを兼ねるから赤系の明るい色が食欲を増すとも考えて居たんだよね〜
でも、壁紙サンプルの何処を探しても”べんがら”は無い。

難しいもんだよなぁ〜と「べんがら壁」を眺めつつ、浴衣美人が通り過ぎたので一枚撮らせて頂いた・・しかし

「何だ?この絵にならない風情は??」と違和感を感じた訳だか、その原因・要因は間違いなく浴衣を着て大股
で歩く婦女子に有るね。

夢路や魁夷先生が生きていたらさぞや嘆いたに違いない。
折角のお洒落なんだから、もう少しちゃんとした所作を身に着けたほうが良いよ。

と声を掛けたかったが、婦女子にしてみれば単なるパパラッチみたいなもんだから、説得力は無かろうね・・残念。

そんなこんなで8月は終わり、我が家の解体日までのカウントダウンも「1」と迫った。

まだまだ先

なんて思っていたけど、動き出すと早いなぁ〜
そろそろ庭の事も考えないとね?

ECOを重視するわけだから、出来るだけ庭木は残しておきたいんだけど、半分は諦めざるを得ない。
でも孫が産まれた記念樹は新たに植えたい。

色々と考える事が絶えない。
でも、やっぱり記念樹はオリーブで決まりかなぁ?

よくよく調べたら家はバラを育てているので必然的に土壌はアルカリ性が強いわけだ。
ブルーベリーも良いなと思ったけど、かれらは酸性土壌を好むみたい・・

画像


”とわ”と言う名は「永遠の平和」を願ってつけられた名だからね?
平和と友愛の象徴として国連旗にも描かれている「オリーブ」はきっと”とわ”の樹なのだろう。

ピクアルという品種なら一本でも結実するというし、10月〜入梅までが植えつけ時期なので丁度良い。

ちゅ〜ことで「決めてくれ」と子らに頼んでいたけれど、じいちゃんはピクアルを植えると決めました。
※他に何か植えても良いよ〜せめて切り倒さざるを得ない樹の数を超えて新たな苗木を植えようとも思うしね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
まん丸と大股とオリーブの木 マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる