マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS ホームベーカリーレシピ本の食パンレシピは何故に甘いのだ?

<<   作成日時 : 2012/02/07 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

年末にHB(ホームベーカリー)を購入して1ヶ月強が過ぎました。

この間に焼いたパンの数は

@水とイーストを足すだけの市販品が7斤
A水にイーストにバターを足すタイプの市販品が2斤
Bレシピ本(3冊)を見てその通りに焼いたパンが3斤
C試行錯誤のオリジナルレシピ2斤

これが私のHBキャリア(大げさかな?)の全てなのですがね?
この少ないキャリアの中でも、すごく感じる事が有りましたのでレポートしときますよ。

まず、ここに表記した@〜Cの4種ですが、個人的に旨かった順だったりします。

どこかで何方か書いておりましたが、やっぱり一番旨いパンは「小麦と水とイーストだけで出来ている」
そうで、確かにこれに尽きるような気がしますね。

※但し「焼き立てに限った話しです」と注釈を付け足した方が良いような気もします。

つうことで今後の目標としては

@水とイーストと小麦だけで焼き上げるパンの旨さの追求(噛めば噛むほど小麦の味が味わえるパン)
C Bを参考にしたオリジナルレシピの追求(後塗りするバターやジャムの量が少なくて済む美味しいパン)

の2本柱を追求して行こうと思いますよ。


画像


画像


画像


ちなみに、上の3枚の写真はBを作った時の写真です。

家族からは「何も塗らなくても美味しかったよ」と、ある程度の好評も得たんですけどねぇ

如何せん添加する「砂糖」「スキムミルク」「バター」の量が多すぎる気がするんだなぁ

HB関連書籍の中でも1・2を争う書籍のレシピそのままに作った訳ですが、入れた分量に比例しない甘みやら
入れた分量以上にベタ付く感じの脂味(バターですね)を感じて正直びっくりしました。

もちろん、人夫々に嗜好が有りますから一概に「旨い・不味い」とは言えませんけどもね?

市販本のレシピを参考にしつつ、少し時間が経っても少量のバターやジャムを塗ったら美味しく食べられるって
位を落とし所にしたレシピを完成させたいと思います(今の所は失敗してますけ)

レシピ本のレシピをそのまま乗せるのははばかれますけどね、それを参考にしつつ自分が旨いと思ったオリジナル
レシピは近いうちに載せる事が出来たら良いな?と思っています。

で、今の所自分が気に入ってる@市販のパンはこちらです。

画像


焼き上がりが孫の頭にそっくりのフランスパンです。

画像


画像


娘などは皮が硬すぎて噛めないとか言ってますが、このシリーズは安価なのに味が良いと思いますよ。

この分野を自分で追求するとしたら美味しい小麦の品種を探し出し、強力粉と中力粉の配合を極め
それに合うイースト菌とその分量を探索し、程よい水分量を見つける。

という努力が必要ですが、それはそれで楽しそうです。

ただ、このレシピに関しては「いつか開放できたら良いな」って位に難しそうで、それなりに時間も掛かりそうな
気がしてますね?

まっそこは気長に行きましょう〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ホームベーカリーレシピ本の食パンレシピは何故に甘いのだ? マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる