自分の部屋のデザインはこうやって落ち着いた。

家を立てるには概観デザインと内観デザインのセンスが必要だ。
センスと言うより嗜好とか方向性って言った方が良いのかもしれないね

その次に、自分のプライベート空間の在り方を想像する。

在り方の方向性が子育(孫育)てとのリンクでオープンな物に成ったので、壁紙やら部屋に置く
家具の”調子”やデザインにも方向性が見えてくる。

最初、在り方の方向性が定まらない時には部屋のデザインには4パターン有ったんだ。

①元々好きな北欧調のシンプルだけどやや重厚な趣の有る部屋。
②これも元々好きなフレンチカントリー風の味わい豊かで温かみの有る部屋
③和モダン
④アジアンテイスト

この4択

で、実は好きな順番はこの数字順だったりする。

でも、在り方の方向性が決まったら自然と④のアジアンテイストで纏めざるを得なくなった。

何しろバナナリーフのローベットもハンモックも①②には似合わないからね~?

それにこの↓食器棚をライブラリの本棚として活用しようと思ったから、手作りの味やエコを
考えて④に落ち着いたって感じかな?

画像


食器棚自体はどちらかといえば北欧調なんだと思うけど、ガラス面に裏打ちした所沢のおばぁちゃん
お手製の刺繍の味わいを残して置きたかったんだよ。

だから、少々自分の部屋の大きさからはミスマッチだったりするけれど、自分の部屋の主役
に据えるべく捨てずに持って行きます。

この手作りの優しさや味わいは孫にも良い影響を与えるに違いないからね~

さて、手作りと言えばだ

最近非凡な側面を見せてくれた娘の粘土細工。

紙粘土と水彩絵の具でSampleも無いまま、ここまで作れるんなら続けない手は無いと思うよ。

画像


もちろん子育てで大変だろうから、やるもやらないも自由だけれど親にも”息抜き”の環境も必要でしょ?

でも「紙粘土だとすぐにひび割れるね・・」との事だったので、良いやつ探して見たよ。

それはね?

オーブン粘土の FIMO ってやつ。
http://www.staedtler.co.jp/fimo/index.html

けっこう、お安く楽しめそうだよ。

こういう手作りセットをライブラリに溜め込んでおくから
気兼ねなく孫と一緒に(口に入れなくなるまでは気をつけつつ)遊んでやって下さい。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック