喜(怒哀)楽変

「とわ君がねぇ~ここへ来て随分と泣くように成っちゃったのよ・・」

と夕食の時に報告を受けた

画像


それって機嫌が悪いという意味じゃなくて、泣く事で「ママと離れたくない」とアピールし始めたって事だよね?
つまりは感情表現が出来てるって事で、本来なら「笑った!」ってのと同じくらい喜んでも良い事なのだろうけれど
親を初め周囲の者としては”泣かれちゃ困る”って状態になるんだよねぇ

でもそれって少し不思議だな?
「泣かなくて良い子だねぇ~」ってのは本当に良い子なんだろうか?
何となく「泣かない子」ってのは反面「笑わない子」の様な気がするよ。

とわ言えね、かく言う自分もとわの”変顔”は面白がってカメラに収めているけれど、泣いたら写真所じゃない
のは確かでね
あやして泣き止ます事に専念してしまうから喜怒哀楽の内、”喜”と”楽”と”変”の写真ばかりが増えてるよ。

画像


いずれちゃんと”我慢する事”も教えて欲しいが、基本的には素直に豊かに感情表現が出来る様に育って
行く事を望みたいもんだな。

でもまぁ将来に向けても(怒哀)をわざわざ撮りたいとも思わないけどね?
やっぱり喜楽変を追いかけるんでしょうな~

画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック