ルクルーゼ・鍋のサイズ問題

画像


ルクルーゼの鍋は本当に買って大正解。
見た目も可愛いらしくてキッチンでの佇まいには流石の存在感が有ります。

最初に僕がクリームシチューを作って以降
イカ大根。ブイヤベース。カレー。肉じゃが。と、女房と娘が代わる代わる作ってくれました。

そのどれもが美味しい。

画像


美味しさの秘密は、ホーロー素材という熱伝導率の高さと、蓋の重さにより旨みが逃げない作りだと言う事
は、作っていれば説明されなくても気が付きます。

IHとココットオーバルの相性に最初は不安も有りましたけど、全然問題ありませんでした。
と言うか、熱源からはみ出した部分が有るお陰か?鍋の中で上手く対流が起きていてかき混ぜる面倒が
要らない感じで、かえって楽なのかも?

あと、蓋の重さで吹きこぼれの心配も非常に少なくてね、娘曰く
「IHは微妙な火加減を調整しなくて良くてボタン一つで済むからすごく楽だ」との事でした。

使っていて確かにそう思いますね。

画像


そんな良い事尽くめのルクルーゼなのですが、自分のサイズ選択にミスがある事に気付きました。

最初に買ったのがココットオーバル25cmのセンセーショナルライン。
でも、IHとの相性も心配だし昔からココット・ロンドの見た目が好きだったからやっぱり使いやすそうな
ココットロンド22cmが欲しい。

と言う事で、家族へのクリスマスプレゼント&新築祝いで購入したのですが・・

内容量を調べて見ると殆ど一緒(オーバルの方が数ミリリットル小さい程度?だっけかな)。

イカ大根や肉じゃがを作る分には5人家族でも大丈夫なのですが、スープ系を作ると成るとどちらも
品良く盛られた5人前って量に成る感じです。

そもそも”美味しく何度もお代わり出来る量”に喜びを感じる女房と私の”世代”にはちと物足りないので
女房がブイヤベースを作った時にはきっちり鍋2つ使ってました。

この先、孫が増えたり成長したりって事を考えると22cm(3.3L)じゃ足りません。

いやぁ~ロンドはもっと大きいサイズにしとけば良かった!

と言う事で、いずれココットロンド28cmを導入する事にしました。
でも、夏までには庭造りにお金が掛かりそうなので無理せず年内購入って線で頑張りま~す。

さて、明日は土曜日。
僕が夕食を担当する日です。

何作ろうかなぁ~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック