傘寿の祝い

「今年おばぁちゃんのお祝いはやらないのか?」と切り出したのは今年高校に進学したての甥っ子だった。
「えっ?なんのお祝い」と私は思ったが、きっと他の親族もチンプンカンプンだったに違いない。

義母は今年で八十歳。

足腰に衰えは見えるけれど、まだ一緒に温泉旅行に行ける訳だから元気な方だと思う。
(残念ながら故郷の実母は寝たきりに近い)

自分の感覚だと、長寿の祝いと言うものは61歳の還暦に始まり70歳で古希。77歳で喜寿。88歳で米寿。
と言うのが常識的な所なのかなと思う。

でも、よくよく調べれば間に64歳の破瓜。66歳の禄寿。80歳で傘寿。81歳で盤寿(半寿)と多彩に祝える
年齢が控えている。

画像


と言う事で去る土曜日に目出度く傘寿のお祝いを行った次第(おめでとうございます)。

画像


もちろん主役は義母なのだけれど、曾孫が居た日には主役も食われてしまう感じかな?

画像


それにしてもこういう”会合”ってのは良い物です。
年始を除けば1歳~80歳までの正に老若男女が一堂に会して食事をするって事も中々無いわけで
気心が知れた小さなファミリーにも関わらず、随分と”多様性”も見えてきたこの頃・・

言いだしっぺの高校生は?と言えば

画像


食事を終えてさっさと学校の課題に取り組んでいます。

活魚を入れてある水槽に金魚が泳ぎ、ゴジラや仮面ライダー兜が決めポーズで送迎する不思議な
和食屋の風景が”多様性”を飛び越えて”混沌とした世界”すら演出してくれていました。

画像


何がと聞かれると答えに困るのだけれど
この混沌とした多様性が面白い

せいぜい義母には長生きして貰って米寿も百寿(100歳)も祝いたいと思った。
きっとその頃には甥っ子姪っ子にもパートナーが出来て、子供も生まれている事だろうしね?
そんな事を考えているだけでも、何となく愉快に思えた日でした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック