テーマ:頑張れニッポン!

ハイタッチ!

昨日のW杯最終予選イラク戦 残念ながらチケットの選に漏れたので自宅観戦でした。 危なげない勝ちっぷり・・とは流石に言えなかったなぁ だけど川島の好セーブも有って中々に見応えのある試合だった気がしてますが、不思議とハラハラ はしなかったかな? 相手の戦術も明確だったし、若さにも体格にもビハインドが有ったなかにして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完全にリズムが狂ってる

猛暑のせいでもなく、永和のせいでもなく、これはもう完全にオリンピックのせいである。 金メダルだけが成果じゃないとは知りつつも、どこかでそれを期待してしまう訳だけれど これまでの育成やこれからの育成の足跡や指針が見えると、現在進行形のドラマにも 別のストーリーが紡がれる期待値が高まって・・何をみても面白いんだなぁ~ でも女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金に憧れ銀に敬意を、そして銅にも栄光を

でも何より結果に囚われ過ぎず、五輪と言う世紀の祭典に参加できている自分に誇りを持って欲しいな・・ あまりにストイック過ぎても無責任に見ている側としては気が滅入るし、その競技に食傷感を覚えて しまって、とても残念な思いしか残らない。 やっぱり選手の皆さんには心の何処かでは「待ちに待った祭典」と捉えて楽しんでもらいたい訳ですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

皆たくましく美しい

23歳の若者がドイツを経由してイングランドの一流クラブで自分を磨くと言う・・ 30歳の苦労人が五輪の正式種目から漏れた競技で連投し再度大輪の華を咲かせたと言う・・ 38歳のベテランが11年を過した西海岸から正反対のNYで再挑戦すると言う・・ 安定したポジションを安穏と守ったり、外された梯子を睨んで恨み節を言ってみたり 色々と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関塚監督には新しいアンパンが必要だ。

オリンピック本番を前に「試行錯誤」という”決められない症候群”に陥っている様に見える日本代表監督の 関塚氏・・最後の最後まで香川の加入を信じて「香川システム」を思考していたのは解らないではないがなぁ オリンピック本番まで後1週間、調整試合も後1試合しかないと言う切羽詰った状況なの解ってる? そもそも五輪予選で代表レ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もう少し考えて働きましょう日本サッカー協会の面々

久々に不愉快なニュースを聞きました。 これだから爺(失礼!)に牛耳られた○×協会ってのは須らく駄目なんだよ・・って気持ちに成ります。 ロンドン五輪へのフライト便「慣例に習って・・」 男子はビジネスクラスで女子はエコノミーなのだそうです。 頭悪すぎじゃ有りませんかね? 男尊女卑や慣例にしか習えない時代錯誤な無能さもさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャンスは逃げて行くもの

このブログではチャンス=シャッターチャンスの事を指すのでは有るのだけれど オリンピックイヤーの今年、最終予選や選考でチャンスを逃し涙を呑んだアスリートの悲喜こもごもを 思うに付け最大限のエールを送りたくなります。 特に深夜ず~っと最終予選の試合を見続けTVの前で一緒に落胆したバスケット女子や 最終選考会で名前を呼ばれなかった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノリが良い

約2年振り位にカラオケに行った。 もちろん永和くんは初カラオケだ・・ 大人が部屋に入るや否やシートやテーブルをアルコール除菌攻めにしてから永和くんの入室 でも、いきなり除菌していない”壁紙”を触り始めるという離れ業を見せてくれました。 大きな音に嫌な反応をするか? とか色々と心配したけれど、全然問題なし(後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガムディよりケーヒル・・よりホンダ

昨日のサッカーW杯予選(VSオーストラリア)の審判は確かに酷かった。 でも、この”魔笛”とも言える笛の音は何度も聞いている記憶があった。 「この試合は俺様が支配する」と言わんばかりの傍若無人な笛の音の主は先の南ア大会でもフランス大会でも 本戦で笛を吹いていて、どれも同じ様にイエローもレッドも連発する酷い試合だった。 確か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一度は本大会を見てみたい(W杯)

去る6月3日は埼玉スタジアム2002に居ました。 前回のW杯予選ではチケットがことごとく外れて一度も参戦できなかったので、もうかれこれ8年越しの代表戦です (その間もオリンピック予選は参戦してますけどね) その8年ほど前のアジア予選では多くのアウェイサポーターを見た記憶が有るのですが、今回は実に少ない。 この一角…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏が くる~

やっばいな、ウッドデッキ出来てないぞっ! 庭の整理も全般的に進んでないから、とわが遊べる感じじゃないし。 何とか気合入れ直さないといけないなぁ 近々で気合が入るイベントと言えば・・ まずはバレーボール男子の五輪予選 今日の初戦の入り方が一番大事だと思うから何とかTVでリアルタイム観戦したいところなんだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「行って来い」の”来い”

とわの発熱。ウッドデッキ製作の苦戦。悪天候の他に実に面倒臭い嫌な事が起きました。 よりによって誕生日に車をぶつけられ(こすられ)てしまった・・相手は82歳の爺さんだそうな こういう場合「保険に入っていてくれたから良かった」とか「人身事故じゃなくて良かったと思う」だとかね? 何とか前向きに捉えようとする物なんだけどね? 今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大和撫子七変化

たしかそんな歌が有ったってけなぁ いやぁ~それにしても粗も良く見えたし、それ以上の負けん気も見れて中々面白い試合だった。 選手は満足できる内容では無かったと思うので慢心する余裕は無いだろうけど、結果として勝ったと言うのが オリンピックに向けて最良のシナリオだった様に思う。 なのに今朝、フジTVの特ダネでキャスターの小倉さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年5度目の京都出張

が、決まりそうだ・・ 多分これが最後の出張だ(いよいよ工場の完全閉鎖だ)。 と言う感慨みたいなものも有るのだけれどね~ なんだか最近はそんな感慨よりも「昔の人のバイタリティーは凄かったんだなぁ」と言う思いの方が強い。 いまなら新幹線で2時間半だから日帰り出張も楽なもん(でもないか?)だけど、龍馬の時代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とても爽やか気分(おめでとうナデシコ)

僕の父は特攻隊志願(年齢制限でカットされたけどね)の少年兵だった。 僕の祖父は捕虜収容所の所長で、大本営の蛮行から捕虜を守った実績から、戦後戦犯指定から 免れた人だった。 人には語りつくせないドラマがあるよね。 父は郷里の雄、山本五十六元帥に心酔し”零”ファイターとして(お国の為に)戦地に散る道を夢見た 少年兵だった(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

viva スポーツ!

100年後に今(今年)を振り返ったら、どんな時代だったと描かれて居るんだろうか? 録画してあったJINの最終回を見ながら何となく思った。 3・11 長い地球の歴史からしたら、刹那とも言える時をターニングポイントに、この先何が どんな風に変わって行くのかな? 大人の責任として、正しい選択をしながら、やれることは何でもやっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

頑張れ撫子

快進撃 被災地への想い 女子リーグ運営の難しさ 語り口は色々と有るんだろうけどね、とにかく今のナデシコのサッカーは見ていて楽しい。 自然と見ていて力が入る、声援を送りたくなる。 そんな感じだろうか? 日本国内では各地で高校野球の予選会が始まったし 他の球技でもインターハイ予選真っ盛りなんだろうなぁ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

唐突ですが・・家でも建て直そうか?と

阪神淡路の大震災や自分の実家が被災した中越地震の時も相当のショックを受けましたが 津波と言う2次災害やそれに起因する原発事故を目の当たりにして、脳味噌の中が掻き混 ぜられた位に混乱した今回の地震。 被災者支援に関る自身の立ち位置やら有り方に悩みつつ、疲弊してゆく日本経済や勤めている 会社の業績不振やら、生産に打撃を与える節電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発の前に脱自粛

脱原発には賛成ですけど、そりゃもう時間が掛かるのは目に見えているわけで・・ 更に今すぐ個人で動ける事といったらデモに参加する事とかしかないしね? なので、まずは元気に経済をぶんまわす事が全てにおいて今現在必要かつ有効な活動だと 考えましたので、脱”自粛”に踏み切りました。 当然、震災の事も原発事故の事も忘れるはずも無く、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太陽光発電設置費用は(60万/K?)

この数字 先週末に、とあるハウスメーカーの営業さんに聞いた数字なんだけど、それが本当の相場なのか否か? は正直解らない。 でも、今は大体そんなもんなんだろうね? で、この金額が高いのか?安いのか?がまた解らない。 更に営業さん曰く「4Kワットの発電量が有れば電気代はプラスに成る」と言う事らしい 以前な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

案の定?

東電さんは夏場の供給電力量の引き上げを発表したね・・ 当初から「電力を”人質”にして駆け引きしている」とは踏んで居たんだよなぁ 何しろ昨年の電力使用が6000万キロワットで、その時に明示していた供給量の最大値が6500万キロワット そんな中、全機廃炉が濃厚な福島第一原発の総発電量が約400万キロワット。 当初の発表で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

便利な世の中

Amazonにさ「欲しいものリスト」って機能が有るんだ。 そこに「ピジョン 調乳ポット かんたんミルクづくり」とかって登録してるんだけどさ 他にも「これ買った人はセットでこれも買ってます」なんて教えてくれるんだよね 世の中便利に成ったもんだよな、家に居ながら(会社に居ながら?) 欲しいものは何でも手に入る時代なんだよなぁ~ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ふんばろう東日本」 これが正しい復興支援プロジェクトだと思う

http://fumbaro.org/ 既存の大手メディアや行政窓口の発表や対応ではピントが曖昧な気がして仕方なかったけど やっと「正しい支援の在り方」に対する糸口がみつかった気がした。 「冷静をきどって何もしない人より、たとえ多少空回っても自分にできることをしている人の方が  被災者の支援になっていることだけは間違いな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ママの無限ループ

ママは最近毎日”編み物”をしています。 生まれて来る初孫の為に作品集を買って、糸を選んで、編み始めました。 そうね、だいたいいつも23時頃に編み始めるかなぁ? 傍らでは(まるで猫の様に)マロンが丸くなってひっついて寝ています。 ソファーの上で、その光景越しにTVを眺めているのが僕の日課です。 ママは最近…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今回の出張で一番実に成ったのは

迷わずこれだろうね↓ 何度も訪れたはずの念仏寺に貼ってあった”人生訓”だ(今回初めて気が付いたよ)。 良く”大人の修学旅行”とか言うけど、そういう心構えで旅するのも悪くないのかもね? だから、この先日本が復興成ったら、まだ訪れた事が無い「松島」や「石巻」や「陸前高田」に 行きたいと思う。 出来るだけ手ぶらで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お花見(過度の自粛こそ自粛しようよ)

お花見を始め、色んな式典やローカルな各種スポーツ大会が自粛されている。 そりゃ電気ガンガン使って乱痴気騒ぎってんじゃどうか?(つうか止めろ)とは思うけどさ・・ 停電に繋がらない程度の電気使用ってのは、これから先東京電力が福島の避難者やら放射能 被害を受けた各地の生産者の方々に補償を行う上で無くてはならない「利益」に繋がる訳…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関西からパワーを!

本題に入る前にだ・・ あれだけ支援を受けておきながら、汚染水の放水を隣国に事前連絡してないとは、ちと情けないな。 今、諸外国に礼を欠くような事ばかりしていたら末代までの名折れだと思うので、余り世間様の同情 に甘えずに”日本国政府”には今こそ礼節を持ってしっかりした対応をしてもらいたい。 色んな意味で、ここが頑張り時なんだ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

醍醐寺 -人は無力と言うけれど-

2週間の京都出張を終えて、帰宅の途につく最終4月1日に、念願の醍醐寺を訪ねて見た。 東北関東大震災前に組んだ仕事の合間の息抜きの為のスケジュールをこなすべきか否か? 結構悩んでは見たものの、京都の仲間との飲み会や、二度と訪れる事が無いかもしれない 地への憧れも”自粛”すべきでは無いと開き直った・・ 震災の惨状をTV画面で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何やら良い風が吹いている

協調性による調和とコミュニケーション能力と粘り腰。 ザックジャパンによるアジア制覇はそのまま仕事を取り巻く環境や政局に置き換えて見ても 考えさせられる事が多いし、多分に参考になる気がするな。 そしてやはり勝負事は「一番」と言うものを目指すべき物なのだと良く解るね。 「善戦」だとか「頑張ったで賞」みたいな曖昧な賞賛に意…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目に入れても痛くない?

子供に対する親の愛情をこんな風に表現する事が有る。 でも、子供を育てると言う事はそうそう一筋縄では行かない事が多くてね 自分自身がまだ若い事も有って、無償の愛を注ぎながらも日々の生活や 子供の成長に連れたイベント毎に追われる毎日だったりする。 「家族の為」と身を粉にして働けば良いと言う事でもなくてさ かといって家の事に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more