テーマ:EP-2

写真に足し算(フォトラマの完成)

途中色々試行錯誤したんですけど、特に工程の資料写真として何も撮ってなかったので 完成品をいきなり見せちゃいます。 ガラスに光が映りこんで見難いんですが、細部まで検証できないので上手く誤魔化せるかな? という思いも有り、ガラスを外した写真は撮って有りません^_^; まぁ仕上がり度は60~70%位なんですけどね こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フォトラマってどうかな?

こないだね、とある展示会場に飾って有った立体的な額縁に入った写真を見て閃いたんだよ。 写真を背景にして前景に別の絵やジオラマを作る「フォトラマ」って良いんじゃないか?ってね 写真は「引き算」ってのは良く聞く言葉だし意味としても理解できるんだけど、何処かに100% 賛同出来ない自分が居たんだよね~ だって引き算しすぎる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

そろそろ人間が撮りたいのです。

絵を描く代わりに続けてきた写真。 だから今迄は(絵を描く上で)一番苦手意識の高い「人物」を撮ろうとはしなかった。 でも、絵を描いていた頃に一番評価されていたのは、その苦手意識の中で無理に描いていた ”人”そのものだったんだよね。 皮肉なもんだよなぁ さて、孫が生まれると解ってから自分の写真に見える変化が、スナッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

♪梅は咲いたか

桜はまだかいな~ そんな歌詞で始まる江戸の端唄が有りますよね? 僕はあの端唄やら都都逸やらの独特の節回しが好きでしてね・・ この端唄の2番にこんなのが有ります。   梅にしようか 桜にしよかいな 色も緑の松ヶ枝に   梅と桜を 咲かせたい しょんがいな~ 週末、京都出張の帰りにショートトリップしてみた二条城で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成しつつ有る姿

こちら押上から直線距離にして50Km程に有る「富士見(元)有料道路」の高架から見たスカイツリーです。 (真ん中の薄ぼんやりしてるやつです) パット見解り難いけど一度視認するとその存在感は増す一方で、通勤ルートと言う事も有り飽きもせず毎日 眺めてはその堂々たる姿に感服しています。 このツリー。7月の地デジ化に備え完…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越は猫の街

とは言っても月が二つ見えたりはしない(By 1Q84)。 小江戸と言う様に江戸時代から続く蔵の街並みが有名だったり、そうかと思えば 大正浪漫通りなんて通りが有って、近くには明治期の建物なんかも残ってる。 で、辻を一本入ると昭和の香りが色濃く残っているから、何とも魅力的な街だと思う。 その辻には観光客を横目に、わが道をまっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

花瓶(写真にまつわるエ・ト・セ・ト・ラ)

昨日は午前中だけ出社し、年末のメンテナンス作業の段取りを付けて 午後はかねてより懸案だった案件に関連するセミナー受講の為に品川に向かい 受講後は浜松町まで足を延ばし、六本木ヒルズまでPhoto散歩と洒落込みました。 ※結構ハードだったけど楽しかったよ。 ほぼ日では数日前から自分の(ほぼ日)手帳のカスタマイズ写真が紹介されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤青(緑)黄色 の青(緑)

紅葉に青とは?と思うかもしれないけど、その答えは”青空”です(べた?)。 やっぱり晴天下の紅葉は色が映えるって気がします。 とは言え、この日は澄んだ青空では無かったので若干物足りなさも有るんですけどねぇ それにしても、ご近所にこんな立派な”塔”が有ったなんてしらなかったなぁ~ しかも結構なパワースポッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤青(緑)黄色の 黄色

黄色や黄色掛かったオレンジはちょっと華やかで元気の出る色です。 山道を歩いていて常緑樹の緑の中に真っ赤に染まった紅葉を見つけると ちょっと「ドキッ」っとしますけど、鮮やかな黄色やオレンジをみつけると「ワァ~」と 華やいだ気分に成る。そんな感じかな? 森ではブナやケヤキなど背の高い広葉樹はこのオレンジ系に色を変える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤青(緑)黄色 の 赤

今、山は豊かな色に染まって居ます。 楓やブナ、もみじ。 ここ2週、週末の度に紅葉狩に出歩いていますので、今週はその写真を紹介しますね まずは”おめでたい”赤です。 色とりどりの紅葉の中にあって”ピン”で主役を張れるのは、やっぱり赤かな~等と思ってます。 まずは、山ではなく里の紅葉ですね やっぱ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魁夷画伯に導かれ

今年、風薫る5月の終わりに仕事で京都を訪れた。 休日を4日挟んで2週間ほどの中期出張の間、定宿が有った東山界隈を購入したての EP-2を持って長く散策したものだ。 私には日本画壇に心の師が二人居る。 一人は、幼い頃に私の(絵の)才能を買ってくれて「この手で育てたい」と親や学校に 交渉までしてくれた平山郁夫画伯。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

RAW現像で色(青)を追い込む

寒いのは人並みに苦手だけど冬は比較的嫌いな季節では無い。 何故か?その一つの要因は”空の青さ”に有ったりする。 それほど気温の下がらない晩秋の頃の青空に始まり、キンと冷えた冷気越しに遠くの山々が 霞む事無く見渡せる真冬の頃の空の青さが好きだ。 紅葉や霧氷、樹氷なんてのも空の青さとの対比が美しかったりするわけだしね。 …
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

楽しかったよ「もみじ市」

予想を超えた人手だったので多少”面食らった”感も有りつつ、作家さんと作品に直に触れられる イベントなので、人様を掻き分け掻き分け楽しんで参りました。 一言で感想を言うとすれば・・「来年も絶対行きたく成った」ってとこかな? 「たかが雑貨」なんだけれど「されど雑貨」なんですなぁ~ 作り手の手のぬくもりが感じられる、大量生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週末に出掛けたい所

それは「もみじ市」と言います。 詳しくはWebで・・↓ http://momijiichi.com/blog/224 私ねぇ~自他共に認める(むくつけき)親父なんですけどね~雑貨が好きだったりするんですよ。 んで、こんな感じで写真も撮るし、ここ数年は料理好きと言っても過言じゃぁないでしょう。 つ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

川越祭りvol3

昨日の話しの続きなんだけど ”上手い踊り手”に出会うと魅入られるというやつですね 正直な話、去年までは狐の面を追いかけてました。 歌舞伎役者の”見栄”の様にね、こう長い白髪を振り上げる踊りの型が有って それが決まった瞬間にシャッターが切れると実に動的な絵になる狐が現れる訳なんです。 望遠レンズを駆使してシャッタースピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川越祭りで踊りと言えば

盆踊りに代表されるように祭りには踊りがつき物って印象があります。 特にね豊年満作を祈願した祭りだとか、実際に秋の収穫を祝う祭りだとかになると 大衆は隊列を組んで踊る訳ですよね・・ 田舎の小学校だと、そんな地元の踊りが体育の授業の一環として取り入れられて 何故だか?秋の大運動会の出し物(パレード代わり)に成ったりもします。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エチュードってのが大切なんですな・・

昨日は義父の十三回忌でした。 気心の知れた親戚が集まって法要の後に(供養の意味で)会食をするってのは やっぱり良い物なのだなぁ~と感じましたよ。 その席でいつも通りに出された食事をパシャパシャやってると「それ(そんな写真)をどうするんですか?」 と素朴な疑問を義妹から投げかけられました。 そんな風に改まって聞かれる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

古都(京都)は新緑の頃です。

出張から無事帰って来ました。 大きなトラブルもなく(小さいのはいっぱい有ったんですけどね・・)て何よりでした。 トラブルさえなければ休日に撮影しまくる予定で居たので、週末の天気予報を気にしつつ どの辺りを巡ろうか?と思いを巡らせて居る時と言うのは楽しいもんです。 さて、そんな京都ですが 今の時期の見所は、何と言って…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夜の二年坂が好きである

八坂の塔から二年坂を越えて三年坂へ、その足で清水へと向う このルートが東山観光のメインルートだろう このルートに八坂さんと、そこから伸びる(ねねの道)を加えれば完璧か? いやそうなると丸山公園も外せないか? なら知恩院だって・・と、キリがないほどの一大観光エリアだ。 それに坂本龍馬の墓所参拝が近年の定番だろうか? だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

草花一輪の興

古都にあって、由緒正しき社寺仏閣や納められたほ宝物・秘仏の圧倒的な存在感 を目の当たりにすると、逆に花鳥風月の風流が解ったかの様な錯覚に陥ります。 (多分勘違いなんでしょうけどね) 煌びやかでも絢爛豪華でも威風堂々でもない、楚々とした姿に魅せられる訳です。 とは言え(当然)社寺仏閣の姿も納めますけどねぇ~ でもね、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の和服事情?

とは言っても東山界隈をちょっと歩いただけなんだけどね? 3年前に来た時には余り見かけなかった和装の令嬢が多かったので驚いた次第です。 ※更にその2年前にも見かけなかったしなぁ~ それも若い娘が結構綺麗な格好で歩いていたので、不景気風が吹いているはずの 現代に有って、京都の若者は元気だなぁ~と、感心した訳ですよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり寒い・・

こっち(京都)のメンバーに聞いたところ、先週は暑かったらしいのだけど、今週は妙に寒いらしい。 この気候が例年並みと言う事では無いって事だね? 空には妙にどんよりした厚い雲が掛かっていて、朝夕しか写真撮る時間が無い事も有ってシャッター スピードが稼げなくてね、見た目には止まって居るくらい歩みの遅いおばぁちゃんも被写体ブレを 起…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EP-2 本日はNoisette(ノアゼット)店内の雑貨と+αの御紹介

唐突ですが、雑貨って好きです。 我が家では奥様と私の趣味が一致して「フレンチカントリー」がベースに成っているのですが Noisette(ノアゼット)は英国風雑貨+手作りの手芸品が主みたいですね。 ガラス工芸品など実に絵になりますな。 値札もある程度は見えると思うのですが、お安いと思います。 雑貨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EP-2 アートフィルター効果とRAW現像

さて、今日はNoisette(ノアゼット)の庭を使って アートフォルイター効果の検証です。 雄大な景色を撮影する場合には、四つ切位に引き伸ばすイメージで撮るんだけれど 自分の家の庭やオープンガーデンで花や小物を撮る時には、だいたいポストカードに 印刷するイメージで撮ります。 まぁ気軽に部屋に飾るPOPアートってイメージか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

薔薇香るお店”Noisette”の御紹介 vol2

今日掲載するのはEP-2の「売り」の機能である「アートフィルター」を掛けず、RAW現像もしない いわゆるJPG撮って出しの写真です。 殆ど薔薇単体を撮った物ですけど、iAUTOやP(プログラム)モードで撮った物は少なくて 殆どフルマニュアルでは有ります。 何故か? と言えば 花の写真って色の再現が難しいんです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EP-2標準望遠レンズ(と私自身)のボケ味

昨日、レンズの写りがちょっと”眠い”と書いた。 しいて言うならば若干手振れしている様な写りだったわけ。 「なんか変だよなぁ~手振れ補正最強の”3”にしてるのにぃ~」 と思って居たのだけれど、別に1~3の設定は”強度”では無かったのね? 「手振れ補正が効く設定は”1”です」とか何とかマニュアルに書いてあるじゃないの …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

EP-2標準ズームの”切れ味”?

昨日も書いたけど、私は新しいおもちゃ(カメラ)を買いました。 そんでもって月末から2週間ほど京都に出張に行きます。 当然ながら社寺仏閣と言うフォトジェニックな物が大挙して待ち構えて要る訳ですなぁ 他にも「町家」と言った明暗差の強い被写体が多数点在している訳で、これが又 デジタルカメラにとっては撮影しにくい環境だったりするんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忙中閑あり(閑中忙有り、よりはなんぼかマシっそよ)

五月連休も返上して働いております(なのに成果はいまひとつですぞ:_:) そんな忙しい最中、私は新しいカメラを買いました。 厳ついデジ一の中級機を狙って貯め込んでいたんだけどね、京都出張が有るんで この際、息抜きに撮影ショートトリップなんぞしてみようか?と思い立った次第です。 なので、そんなに良いカメラは買えなくてさっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more