マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS デンマーク戦は特性・特徴を活かした戦いになるね?

<<   作成日時 : 2010/06/23 12:14   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

デンマークは長身と、当り負けしない体の強さを活かして、中盤を省く位素早くロングボールを蹴って来る。
日本は組織力でそれをカバーし、素早い動き出しとパス回しで相手ディフェンダーの裏を付く。

身長が高い選手には正攻法で行っても当り負けをするので、体を寄せて密着マークをしつつロングボール
対策としては相手より先に反応するのが肝心とされてる。

こんな感じ?

密着マーク

画像


素早い動き出し

画像


まっ、マロンを使って冗談が言えるほど何故か?心に余裕が有るって事で許してやって下さいな・・

確かにね?ロングボールってのは(特に見た目)脅威ですよ。
背の高い相手だと、攻めるにしても守るにしてもセットプレーは不利だしね?

ただ、いろんな国の国内リーグや代表の試合で繰り出されるパワープレーという名でロングボールを放り込む
戦術が機能したのを見たことが無いのも事実なんです。

それがサッカーでしょ?

でも、それぞれのチーム特性ってのは所謂”武器”で有り、武器には互いに盾と矛があるわけでね
その特性が違う武器を、より活かした方が勝ちという戦いは単純に見ていて楽しいと思うよ。

そして、日本は勝つ。

しかし、いったいいつからこんな前向きなイメージが持てるチームに成ったんだろうねぇ〜
そうとう否定的に見ていたのは確かなんだけどね・・

とにもかくにも、次こそ大久保の攻めの意識が実を結ぶと信じて止みません。
その為にも、練習で遠藤とのコンビネーションを磨いて欲しいぞ!

そして、後半投入されるで有ろう森本と共に1点づつ上げて欲しい。

なので、2−0か2−1で日本が勝つと信じて髭を剃らずに居ますよ・・・私。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デンマーク戦は特性・特徴を活かした戦いになるね? マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる