マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 闘わずして負ける(夏祭り)

<<   作成日時 : 2010/08/02 12:15   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

そんな「コテンパン」な敗北感が今年の夏の日差しには有ります。
何しろ猛暑日ですよ。そんな言葉子供の頃に有ったっけかなぁ〜?(40度超えたら酷暑日なんだろうか?)

いずれにせよ、2時頃からやっていた川越の夏祭りで、この暑さ自体を撮ってやろうと目論んで居たのだけれど
返り討ち所か戦場にすら赴けづ・・なんだか「闘わずして負けた」気分な訳です。

そんな(言ってみれば)いわれの無い敗北感に苛まれながらも、夕方陽の落ちるちょっと前に、浴衣の母娘を
伴って出掛けてみた”夏祭り”。
なんだか想いの外パラレルワールドが広がっていて「日差しに負けづに早く来てれば良かった」と思った次第。

なんかね?混沌として纏まりが無いのだけれど、やけにパワーだけは感じられる祭りと言った感じな訳です。

ん〜なんだろうなぁ〜

その昔、世知辛い世の中に槍や鉄砲じゃyなくて、踊り明かして反発した庶民の一揆「えぇじゃないか」とか
言うのが有ったと思うのだけれど、なんかね?そんな庶民と言うか平民パワーを感じたんだよね。

でも、現代は多様性の時代だからさ、そのパワーが一つの方向に向かないって言う感じ?
なんだか美味く表現出来ないけど、そんな奇天烈な夏祭りに仕上げた川越の我武者羅さには脱帽です。

その辺りの写真は後日紹介するとして、本日は浴衣美人(と言う事にしておく)を紹介しておきます。

多少ね、サイズが合ってなくて”つんつるてん”だったり、糊の利いてない皺加減だったりと言ったマイナス要素
はあれどもだ、日本の夏と言えば浴衣でしょう!というリクエストにお応え頂いた感じも有るので、つつしんで
ここに掲載しておきます。

画像


和つながりと言う事か?ここで写真を撮りたがる人は多い。
でもね、フォトジェニックな感じがするのは古びた壁や格子と合わせた風景でね・・

画像


川越ならではの景色と調和させるのがやっぱり絵になる。

画像


ただ、あまりに微妙な光量の為、清々しさを表現するには無理のある時間帯だったので
早々に浴衣美人の撮影は終了とさせて頂きました。

格子戸の軒先に朝顔の弦とか、風鈴とかが有ってね?
そこに、爽やかな一陣の風が吹いている夏の午後(3時位?)

いつかそんなシュチエーションで浴衣美人を撮ってみたいもんです(既にロケハン済みでね場所自体は有るのよ)。

まぁこういうノリの母娘だと、いまいち仕上がりに期待は出来ないのだけれどね〜

画像


そんな猛暑日の夏の午後

「マロ君は暑くてバテちゃうといけないからお留守番ね」と言われ不貞寝したマロ君の後姿をご紹介して
本日は締めます(締まらない写真で締める力技っす)

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
闘わずして負ける(夏祭り) マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる