マロン的じっか通信

アクセスカウンタ

zoom RSS 川越は中院にて(お陰様で)

<<   作成日時 : 2012/04/10 12:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年は桜の開花が遅かったので例年にはもう散る頃の3月末に川越は中院の枝垂桜を見に行きました。

そんな時期でも尚、開花前で梅の花が咲き誇った境内で「カタクリの花が咲いているよ」とカメラを首から
下げたおじさんに教えて頂いた事を先日も書きました。

「庭師の方が今年植えたみたいでね、綺麗に咲いてますよ」と

画像


その日から約1週間が経った頃にまた中院を訪れ、今度は満開までとは言わないまでも九分咲き程の
花の姿を納める事が出来たのですが、その時”かの庭師のおじさん”にこっぴどく叱られましてね・・

「そこ入んないでよ!」「踏み荒らされたら元にもどんねぇんだよっ!」と声を荒げて。

神社仏閣の庭には規制線が付き物で、私も気を使って絶対に”浸入”をしない事を心がけてはいるのですがね
流石にちょっと竹を割って置いただけの様な規制線には気が付きませんでした。

画像


いやぁ〜そう言われても、これじゃぁちょっと気が付かないかなぁ?

と心の奥で呟きつつも「あぁ〜こりゃぁ申し訳ない。気が付きませんでした」

と素直に誤った所、おじさんもすぐに語気を緩め

「いやぁ〜おれは上(桜)なんか見たこと無くてさっ、下ばっかり見てるもんだから気になってなぁ」と
そう言われると確かに僕らは上(桜)ばかり見て足元の事を疎かにしていた事も確かでしたね

こりゃほんと申し訳ない。

そこから庭の話やらカメラの話し。そしてカタクリの話しなど一通り話しをした別れ際に
「良い絵は撮れたかいっ?」と聞いてくれました。

「えぇ、お陰さまで・・自己満足ですけどね」
「そっか、それなら良かったよ」

画像


画像


枝垂桜の真下から見上げた絵が撮りたくて、枝垂桜の真下に入った次第です。
来年からは足元にも目を向け、場を荒らさないように気をつけますね。

そして今日、散った桜の花びらが見事な演出をしてくれる中院の名物を撮りに今年3度目の足を運びました。

かの庭師(庭守?)のおじさんは、ご自身が語った言葉通りに
頭上に咲く桜の花を愛でる事もなく、一心不乱に参道を清めておりました。

画像


おじさん毎日ご苦労様です。

お陰さまで、今日も良い絵が撮れましたよ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
川越は中院にて(お陰様で) マロン的じっか通信/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる